会長方針

平成23年度「会長方針」をご紹介いたします。
釧路商工会議所青年部
会長 佐渡 正幸

Love&Change!
〜誇り高き地域の創造にむかって〜



〜22年度〜
 『我々YEGは、この地域に生活する青年経済人として、今、愛すべきくしろのために何を為すべきなのか。』この自問に対して、地域の商工業の振興や地域社会の発展に繋がる活動を、真摯に展開することは言うまでもなく、更には青年経済人として地域の将来に対する使命や責務を全うするために、『地域を変革する組織とは如何にあるべきか』、『地域を創造する見識とは如何なるものか』、『地域を先導していく意識を如何にして高揚させていくか』ということを充分に眼識したなかで、強い意志と正義感をもって敢為しなければ、結局は“成らぬは人の為さぬなりけり”の結果に陥ってしまうという自答のもと、孤高たる若き企業家集団“釧路YEG”を目指し、行動してまいりました。
会員の皆様には、22年度は“Love&Change!”を合言葉に、誇り高き地域の創造にむかって活動していく主旨にご賛同いただきましたことに、心より感謝申し上げます。

〜23年度〜
 『我々世代が、還暦を迎える10年〜20年程の次代には、くしろの地域社会や経済そして地域産業は、どのような形態や構造になっているでしょうか。』若しかすると、その全てが崩壊・破綻状態に陥っている、不毛の次代かもしれません。或いは、豊かで住みよい郷土として発展を遂げている、理想の次代かもしれません。何れにせよ今現在断言できることは、我々は後者の“理想の次代”を築くために、その活動に創意と工夫、勇気と情熱をより一層傾注し、一致団結していかなければならないことであります。そして、これからのくしろの将来への道程において、今現在は大きな分岐点に立っているということも認識しなければならないと思います。
 つまり、我々YEGが次代への先導者として、地域貢献に繋がっていく信念ある活動は、くしろのこれからの歩みにとって非常に重大な責務であり、かつ確実な成果を求められるものであるということです。
我々YEGの23年度は、『責任世代としての使命を改めて自覚し、自分自身の人生に悔いを残さない実戦と、後世に誇れる実現に対する昂奮を、会員のみならず地域を愛する勇士全てで、熱き魂を奮わせ共有していきたい』と思っております。

〜成 長〜
 『釧路YEGは、今後どのような団体として成長していくべきなのか。』この提起に対する回答は、非常に難しいことであると思います。何故なら、まず何をもって成長と捉えるかを絞り込むことは、容易には出来ないからです。会員を拡大しその組織力・行動力を高めることをもって、或いは同世代に同じ地域に生きる同志としての結束力を深めることをもって、或いは会員の見識を高める研修・研鑽を積み重ねていくことをもって、或いは常に次代の先導者として地域の発展のための戦略・政策を発信し実現させていくことをもって等、釧路YEGの成長にとって多様な要素が考えられます。
そして釧路YEGが、誇り高き地域の創造にむかって、より一層権威ある団体として成長していくためには、それら全ての不可欠な要素を包含しつつ、『常に誇り高き理想を抱き、地域を愛し変革する志“Love&Change”をもって、その理想を確実な現実に変える努力を怠らず、そして地域の振興や発展に対して揺るぎない成果を生み出し、地域貢献の成長株として飛躍していくべきである』と思っております。
以上、是非とも本年度もそして次年度以降も、会員の皆様の心をひとつに、豊かで住みよい郷土として発展を遂げている“理想の次代”を目指し、邁進していきましょう!どうぞ宜しくお願い申し上げます。