5月例会「釧路の歴史と市街観光の可能性を探る」を開催しました。

 平成23年5月29日(日曜日)「釧路の歴史と市街観光の可能性を探る」と題して5月例会が開催された。「強力な雨男」がいるのかあいにくの雨模様のため散策ルートを変更して、経済センタービルにて「釧路の歴史」について釧路観光ガイドの会会長の木保秀一様の講演のもと勉強会を行った。日曜日にもかかわらず、会員および家族の計30名の参加があった。

釧路観光ガイドの会会長の木保秀一氏
kushirorekishi1.JPG

釧路の地形の成り立ちから、釧路の地形を実際に観光客に説明できるようにレクチャーを受けた。江戸時代から明治、大正そして昭和、平成への釧路の歴史について勉強をした。伊能忠敬で有名な北海道の地図だが、実際は松浦武四郎が調査したそうだ。現在の釧路駅裏にある松浦町の名の由来が松浦武四郎〜来ているという興味深いお話も聞くことができた。4代目佐野孫右衛門が米屋だった事から、米町の名称になったらしい。大正11年に釧路に来られた当時の皇太子であった昭和天皇が濃霧の中、米町公園から見る釧路港を見て「霧笛は無いのですか?」の一言でその後80年に渡り釧路の港を守り続けてきた霧笛が設置されたそうです。
その後、啄木歌碑巡りということで幸町から米町まで全部で25カ所の歌碑を紹介し歌の内容をクイズ形式で解説いただいた。夢もロマンも無い某会員の答えを尻目に、実に的を射た答えをする参加された子供達の回答に驚かされた。
あっという間の1時間半で楽しく釧路の歴史について勉強出来、家族間の触れ合いも見ることができた。

参加した家族の様子
kushirorekishi2.JPG
続きを読む>>

5月例会〜くしろ再発見〜を5月29日(日)に開催します!

釧路における市街観光を考察した時に、啄木の歌碑、釧路りの発祥の地である歴史、インフラの奇麗さ・・・等を持つ米町方面に市街観光スポットとしての可能性を感じます。
本例会では、啄木の歌碑、また釧路の歴史に触れる事でその価値を改めて感じると共に、実際に歩いて観る事で、観光スポットとして発展性、現在の問題点等を探っていきたいと考えます。
また、家族同伴として開催する事により、ご家族にも釧路の歴史を学んで頂き、また、会員家族間の交流とを計る機会と致します。

■啄木の歌碑
啄木の歌碑.JPG
続きを読む>>

7月例会「教育の現状」を開催しました。

7月例会を16日(金)午後7時より道東経済センタービルで開いた。
 今回は、釧路教育活性化会議の三木克敏氏(明光義塾釧路愛国教室代表)を講師に招き、「釧路の教育の現状」をテーマに講演が行われた。
100716a.JPG
続きを読む>>